本文へスキップ

戸籍を超えた家系図作成、家系調査、先祖調査を専門としています。

TEL. 047-723-6845

月‐金.9〜18時、外出中は留守電にお願いします

先祖調査で知っておきたい「ちょっとした知識」Information of Local History 

村方三役とは


江戸時代、藩の領主は村における農民統治のための基礎単位として、百姓から村役人を選出し、農政の末端機関としました。
この村役人は、「村方三役(または地方三役)」と呼称される「名主・組頭・百姓代」から構成されました。

1.名主(なぬし)

村の長を関東では「名主」、関西では「庄屋」といいます。
呼称は一定していたわけではなく、「肝煎(きもいり)」と呼ぶ地域もあります。

『地方凡附録(じかたはんれいろく)
』、今で言うと地方のデータブックには、『一村のうち、家柄正しく田畑等多く所持したる百姓を、一村の長として庄屋・名主と定め村中を支配させた』とあります。
一村に一名いるのが通常ですが、村によって三給となると当然名主は三人となりました。
※一給支配=一村一領主、二給支配=一村二領主、三給支配=一村三領主というように旗本による分給の支配地をいいます

地方の名主の多くは、古来よりその村に住んでいる草分け百姓で、地主・富農として社会的にも経済的にも優位にある者が世襲しました。
名主を務める者が幼少や虚弱であったりと、すぐ継承出来ない理由のあるときは、組頭の内から名主代、又は名主後見、あるいは親族のうちから名主跡役をたてたり、村内の二家で交互に就任していました。

名主の任務は村方の全般に関する事務ですが、特に年貢の納入、村の土木工事、戸籍調査、宗門改め、土地の売買・質入に関する証印、村民の訴願の奥印などを役目としました。

2.組頭(くみがしら)

一般に百姓の内で筆算に優れ、人柄も良く名主に次ぐ富農のうちから入札か惣百姓の相談で、村の大小によって一名〜数名が置かれました。地方によっては地首とも称しました。

組頭は村の助役で、名主を助けて村政事務を扱います。
形式上は村役人として、名主と同格に処遇されてはいますが、名主へ昇進するポストとは異なって、何年務めても組頭のままの場合がほとんどです。
組頭は名主の家柄ではないので、なんらかの理由で名主が欠員になると「名主代組頭」として、名主へ引き継ぐまでの短期間務めることもありました。

3.百姓代(ひゃくしょうだい)

本百姓の代表として一人を選び、名主・組頭の職務を監督し、村民を代表しました。年貢米や村入用の諸割り付けの立ち会い、出納の監視などが重要な職務でした。


以上の「村方三役」は、上からの命令によって村政に当たりましたが、農民の代表者としての立場もあり、精神的に板挟みとなる苦しい立場に立つことも多かったようです。農民一揆によって火をつけられた庄屋も数多くありました。


明治5年(1872年)の区画制の施行とともに、名主等の旧村役人は廃止となり、戸長制へと移行しました。


以上



ペg


萩本勝紀の本
2018年5月30日発売
ノウハウすべてを公開


↑クリックでAmazonの
購入画面に飛びます

国家資格者である行政書士が担当します

調査は国家資格者である行政書士が担当します。行政書士には法律で守秘義務が課せられています。個人の情報は厳守しておりますので、安心してお任せ下さい。
   
 
  クリック↑願います

   行政書士萩本勝紀
   代表萩本勝紀
(行政書士・姓氏研究家・保育士)

プロフィールはコチラ