本文へスキップ

戸籍を超えた家系図作成、家系調査、先祖調査を専門としています。

TEL. 047-723-6845

月‐金.9〜18時、外出中は留守電にお願いします

先祖調査で知っておきたい「ちょっとした知識」Information of Local History 

江戸時代の全国人口の推移


日本の人口については、私の先祖調査講座の中で話していますが、ここでは戦国時代から明治時代にかけての人口推移を掲載します。

  全国人数(人)
 天正8(1580)年 18,000,000 
 享保6(1721)年 26,065,425 
 寛延3(1750)年 25,917,830
 天明6(1786)年 25,086,466
 文化元(1804)年 25,621,957
 文政11(1828)年 27,201,400
天保5(1834)年 27,063,907
 弘化3(1846)年 26,907,625
明治5(1872)年 33,110,825
 ※関山直太朗「近世日本の人口構造」より

江戸時代には四大飢饉と呼ばれ大きな飢饉がありました。

寛永の大飢饉 寛永19年(1642年)〜寛永20年(1643年)
享保の大飢饉 享保17年(1732年)
天明の大飢饉 天明2年(1782年)〜天明7年(1787年)
天保の大飢饉 天保4年(1833年)〜天保10年(1839年)

一時期人口が落ち込んでいますが、最大の理由は上記の大飢饉の影響だといえます。


ペg


萩本勝紀の本
2018年5月30日発売
ノウハウすべてを公開


↑クリックでAmazonの
購入画面に飛びます

国家資格者である行政書士が担当します

調査は国家資格者である行政書士が担当します。行政書士には法律で守秘義務が課せられています。個人の情報は厳守しておりますので、安心してお任せ下さい。
   
 
  クリック↑願います

   行政書士萩本勝紀
   代表萩本勝紀
(行政書士・姓氏研究家・保育士)

プロフィールはコチラ